28歳独身男、凡リーマンのリアルな生活

28歳独身男、どこにでもいる平凡なサラリーマンの「給料」「資産」「仕事」「趣味」などをブログに綴ります。

南米旅行〜マチュピチュ編〜

マチュピチュ編〜6日目〜

南米旅行〜マチュピチュ村編〜 - 28歳独身男、凡リーマンのリアルな生活

↑↑↑ 5日目はこちら

 

f:id:pelebong:20190820181549j:image

さあ、いよいよ南米旅行のメインイベント、マチュピチュに向かいます。

旅先を南米に決めたのはこのマチュピチュに行ってみたかったからです。

 

 

 

マチュピチュ村からマチュピチュへ向かう

f:id:pelebong:20190820182734j:image

こちらは旅行会社に手配して頂いたマチュピチュへの入場チケットです。

自分は10:00から入場出来るチケットを手配して頂きましたが、1時間ごとに入場出来る人数が限られているようです。

 

10:00にマチュピチュへ入場するためには、マチュピチュ村を9時くらいに出発するバスに乗る必要があります。

f:id:pelebong:20190820183554j:image

こちらはそのバスを待つ列です。

マチュピチュ村に流れる川沿いに皆並んでいます。

列の先頭で「10:00」と書かれた看板を持っている人がいるので、その列に並べばバスに乗ることが出来ます。

もし「9:00」など自分の持っているマチュピチュへの入場チケットと異なる時間の場合は、その列に並んでいてもバスには乗せてもらえないので、列の脇で待機しておきましょう!

 

 

 

こちらがマチュピチュ村からマチュピチュへ向かうバスのチケットです。こちらも旅行会社に手配して頂きました。

f:id:pelebong:20190820184744j:image

 

マチュピチュ村からマチュピチュへは歩いて向かうことも出来るようですが、マチュピチュに着いてからも歩くので、ここで体力は使いたくはないですよね…。笑

欧米人で歩いている人も見かけましたが。

 

 

 

マチュピチュ村からマチュピチュへのバスの値段は往復で24ドル(2,520円)

f:id:pelebong:20190820184730j:image

f:id:pelebong:20190820184737j:image

上の写真はマチュピチュ村からマチュピチュへのバスの往復のチケットです。

 

TWO WAYで24ドルと書かれています。

 

 

 

マチュピチュの入場料は152ソル(5,016円)

f:id:pelebong:20190820185302j:image

こちらは上にも載せましたが、マチュピチュへの入場料として152ソル(5,016円)と記載されています。

 

さすがに世界屈指の観光地とだけあって安くはないですね!

 

それでもマチュピチュ保全するための費用だと思えば妥当な価格かと思います。

 

 

 

マチュピチュは壮大!!!

ざっとマチュピチュ内部の写真を載せておきます。

f:id:pelebong:20190820190127j:image
f:id:pelebong:20190820190104j:image
f:id:pelebong:20190820190057j:image
f:id:pelebong:20190820190119j:image
f:id:pelebong:20190820190133j:image
f:id:pelebong:20190820190047j:image
f:id:pelebong:20190820190111j:image

 

 

 

マチュピチュを出たらスタンプをもらおう!!

f:id:pelebong:20190821071710j:image

マチュピチュの出口を出てすぐ左手にスタンプ置場があるので、記念にマチュピチュスタンプを押すのを忘れないようにしましょう!

世界中の旅人が自分のパスポートにスタンプを押していきます。

f:id:pelebong:20190821071807j:image

自分もパスポートの一番後ろに押しました。

 

 

 

マチュピチュからマチュピチュ村へはバスで戻る

上にも書いてありますが、往復バスなのでマチュピチュ村までバスで戻ります。

 

バスに時間に指定はありませんが、バスに乗るためには長蛇の列に並ぶ必要があるので、バスに乗るまでは1時間はみておいた方が良いと思います。

 

 

 

マチュピチュに戻り、最後の晩餐。

f:id:pelebong:20190821072508j:image

最後の晩餐にチョイスしたのは、ペルー名物の「ロマ・サルタード(Lomo Saltado)」。

 

リマで食べたものです。

↓↓↓

南米旅行〜リマ(ペルー)編〜 - 28歳独身男、凡リーマンのリアルな生活

 

値段はコカコーラのボトルを含めて45ソル(1,485円)

これでも値引きしてもらっての値段、かつそこまでグレードの高い店ではないのですが、この価格です。

やはりマチュピチュ村は物価が高い。

 

 

 

マチュピチュ村はお土産市場の物価も高い!?

f:id:pelebong:20190821073322j:image

マチュピチュ村にはこの写真のようなお土産市場があります。なかなかの店数でしたよ〜

ただ、ガイドブックにも載っていますが、他の街のお土産市場よりも少々値段が高いようなので、無理してここで買う必要もないかと思います。

 

と言いつつも自分は、セーター1つを40ソル(1,320円)で購入しました。

材料はアクリルメインのセーターなので、アルパカの繊維は入っていないものでした。

 

他の街でセーターは購入していないので、比較が出来ませんが、どうやらほんの少し高いようです。

 

 

 

マチュピチュ村からオリャンタイタンボ駅へ再び電車で戻る。

f:id:pelebong:20190821074239j:image

f:id:pelebong:20190821074332j:image

 

20:50発の電車に乗って、行きと同じようにオリャンタイタンボ駅までPERU  RAILで向かいます。

 

オリャンタイタンボ駅からクスコまでも、行きと同じようにコレクティーボというマイクロバスのようなもので戻ります。

 

クスコ→オリャンタイタンボ→マチュピチュまでの行き方と同じように戻るだけなので、行きの方法を参考にしてください。

↓↓↓

南米旅行〜マチュピチュ村編〜 - 28歳独身男、凡リーマンのリアルな生活

 

 

 

マチュピチュ村を出るのが遅い時間だとクスコに着くのも深夜になるので注意が必要。

自分はマチュピチュ村を20:50発の電車で出ましたが、この時間に出るとクスコに到着するのは深夜になります。

 

自分は12時くらいクスコのアルマス広場に到着しました。

 

クスコの街はこじんまりしてて、宿までも近く、治安も比較的良いとは言え、ここは外国。

 

タクシーはたくさんいるので、タクシーを利用してアルマス広場から宿まで戻るか、もっと早い時間に帰ってこれるようにすれば良いかと思います。

 

とは言っても自分は歩いて宿まで戻りましたけどね〜笑

 

 

 

それでは!

by pelebong