28歳独身男、凡リーマンのリアルな生活

28歳独身男、どこにでもいる平凡なサラリーマンの「給料」「資産」「仕事」「趣味」などをブログに綴ります。

南米旅行〜リマ(ペルー)編〜

f:id:pelebong:20190805220636j:image

リマ編〜2日目〜

南米旅行〜ニューヨーク編〜 - 28歳独身男、凡リーマンのリアルな生活

↑↑↑1日目はこちら。

 

 

さてさてニューヨークからリマにやってきました。

上の写真はリマのアルマス広場。

南米諸国はスペイン式の街づくりがされていることもあり、基本的に街並みはこのアルマス広場という中心地から街が広がっています。

 

 

 

リマ空港(ホルヘ・チャベス国際空港)での食事

f:id:pelebong:20190805221102j:image

こちらはリマの空港で食べたマクドナルドのハンバーガー×アメリカンコーヒーのセットです。

10.5ソル。

1ソル=約33円(2019年8月現在)なので、日本円にして346円ほど。

あんまり安くはないですよね笑

しかもアメリカンとはいえ、めちゃめちゃ薄いコーヒーでした。笑

 

 

 

リマ空港からリマ中心地へはグリーンタクシーで。

f:id:pelebong:20190805221708j:image

リマ空港のarrivalゲートを通ると、白タクがたくさん待ち構えていて、

「アミーゴ!!タクシー!!??」

とやたら声を掛けられます。

 

 

 

 

 

いや、いつからお前のアミーゴ(友達)になったんだよ。笑

 

 

 

 

ってな感じですが、スペイン後圏では基本的な男性への声かけのようです。

 

白タク乗るのには勇気がいりますよね!?

 

そこで乗るべきタクシーは「グリーンタクシー」です。

 

ゲートを出た後にグリーンタクシーのカウンターがあるので、そこで予約してください。

名前の通りグリーン色の看板があります。

 

グリーンタクシーで空港から旧市街(セントロ)までは、55ソル(1,815円)でした。

 

サン・マルティン広場(Plaza San Martín)近くの宿を予約していたため、ここまでタクシーで運んでもらいました。

 

f:id:pelebong:20190806233238j:image
f:id:pelebong:20190806233233j:image

↑はサン・マルティン広場。

 

 

 

宿泊はゲストハウスにて31ソル(1,023円)。

f:id:pelebong:20190806233726j:image

オーキッド・ホステル(Orchid Hostel)というゲストハウスに泊まりました。

一般的な朝食付きのゲストハウスで、8人収容の二段ベッドの部屋でした。

Orchid Hostels(リマ)– 2019年 最新料金

 

 

リマではゲストハウスであれば、だいたい1,000円前後で宿泊出来ます。

 

 

 

昼飯はファミレスにて40ソル(1,320円)

f:id:pelebong:20190806234719j:image

ロマ・サルタード(Lomo Saltado)というペルーの一般的な料理です。

牛肉の細切り、タマネギ、トマト、フライドポテトを炒めたものに、マッシュポテトとお米をミックスさせたごはんが付いていました。

ペットボトルの水もつけてこの値段ですが、安くはないですよね…。

リマではだいたいこのくらいの値段のようです。

 

 

 

夕飯はKFCにて33.5ソル(1,106円)

f:id:pelebong:20190806235425j:image

ツイスターのセットを1つ頼んだのですが、なぜか2つきました…。笑

レシートを確認すると2セット分記載されてたので、本来であれば550円くらいで済んだはずです。泣

 

まあ、これも旅のご愛嬌ということで、良しとしましょう!!

 

 

 

ペルーでは英語が通じません。

ペルーに限らず南米諸国はブラジルを除いて、皆スペイン語圏です。

そのため、どの店に入っても英語がなかなか通じません。KFCでも英語は通じませんでしたので、2人分オーダーとなってしまったのかもしれないです。泣

 

 

はっきり言って日本人より英語が出来ない人が多いです。

日本ではバッグやバスなど日本語化している英語が結構多いので、ペルーよりも日本の方が英語に馴染みがあるからでしょうかね〜

 

 

リマの次はクスコに向かいます。

続く…。

 

by pelebong