28歳独身男、凡リーマンのリアルな生活

28歳独身男、どこにでもいる平凡なサラリーマンの「給料」「資産」「仕事」「趣味」などをブログに綴ります。

給与から控除される『所得税』とは?

 こんばんは!pelebongです。

 

今日は給与明細に何気なく乗っている「所得税」とはなんぞや??

というのを簡潔に説明したいと思います。

 

参考に私の給与明細をご確認ください。

↓ ↓ ↓

www.pelebong.com

 

  

給与から控除される『所得税』とは?

所得税とはその名の通り、給料などで得た所得(お金)に対してかけられる税金です。 

 

 

所得税の控除額はどう決まる?

(総所得金額−所得控除)×税率=所得税

となります。

 

 

総所得金額の算出方法

まずは収入金額を以下の表と照らし合わせ、給与所得控除額を算出します。

給与等収入金額 給与所得控除額
1,625,000円以下 650,000円
1,800,000円以下 収入金額×40%
3,600,000円以下 収入金額×30%+180,000円
6,600,000円以下 収入金額×20%+540,000円
10,000,000円以下 収入金額×10%+1,200,000円
10,000,000円超え 2,200,000円

 

例えば、年収380万円の場合…

3,800,000×0.2+540,000=1,340,000円

 

 

3,800,000-1,340,000=2,460,000円が総所得金額となります。

 

上記の式に当てはめると、

(2,460,000−所得控除)×税率=所得税

となります。

 

 

所得控除の算出方法

続いて、上記の式の「所得控除」を算出します。

 

例えば年収380万円の場合、

基礎控除:380,000円

社会保険料控除:550,000円

合計:930,000円が所得控除となります。

 

※主な控除について

f:id:pelebong:20190206230836j:image

所得控除とは | 税金・社会保障教育

 

これを上記の式に当てはめると、

(2,460,000−930,000)×税率=所得税

となり、

1,530,000×税率=所得税

となります。

 

この1,530,000円については「課税所得」と呼びます。

 

所得税の税率の算出方法

課税所得金額を下記の表に当てはめて、税率を当てはめます。

課税所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
330万円以下 10% 97,500円
695万円以下 20% 427,500円
900万円以下 23% 636,000円
1,800万円以下 33% 1,536,000円
4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

 

1,530,000×5%=76,500円/年が所得税となります。

 

76,500/12ヶ月=6,375円/月が一ヶ月あたりの所得税となります。

 

 

所得税は算出方法が複雑なので、少々難しいかもそれませんが、

所得税を理解するきっかけとなれば幸いです。

 

それでは!

by pelebong