28歳独身男、凡リーマンのリアルな生活

28歳独身男、どこにでもいる平凡なサラリーマンの「給料」「資産」「仕事」「趣味」などをブログに綴ります。

給与から控除される『厚生年金保険料』とは?

こんばんは!pelebongです。

 

 

今日は先日の「健康保険料」に続いて、給料から天引きされている「厚生年金保険料」とは、何かについて簡単に説明致します。

 

「健康保険料」についてはこちらを参照してください。

↓  ↓  ↓

給与から控除される『健康保険料』とは? - pelebongの気ままな雑ブログ

 

 

 

給与から控除される『厚生年金保険料』とは?

厚生年金保険料は年金制度という仕組みにおいて、一定の年齢に達した受給世代の人々への給付金の原資として現役世代が支払うお金である。

厚生年金保険の加入者は原則毎月の給与から、また賞与から保険料を支払う。保険料は事業所の事業主によって被保険者の報酬から自動的に差し引かれ、日本年金機構に納められる。

厚生年金保険ってどういう仕組み? 保険料の決定から支払い、免除のケースなど解説 | ZUU online

 

老後の年金生活をしている人のために、現在労働している人たちがお金を供給しているということですね。

我々20代は果たして年金は貰えるのでしょうか?

「年金貰えない世代」とも呼ばれますが、本当に将来年金がもらえなかったら、今お金を納めていることがなんだか虚しく感じますよね…。

 

 

 

『厚生年金保険料』の控除額はどう決まる?

ずばり4月・5月・6月の平均給料が分かれば、厚生年金保険料の天引き額は分かります。

 

 

なぜなら、「厚生年金保険料」の保険料率は健康保険料とは異なり、固定されているからです。

 

2017年9月以降は厚生年金保険料の保険料率は9.15%と固定されています。

(労使折半なので、会社側も同様に9.15%を負担しています。)

 

従って、例えば4月・5月・6月の平均給料が30万円の場合、

 

300,000×0.0915=¥27,450/月

 

が毎月の天引き額となります。

 

 

けっこう天引きされますよね…泣

 

 

 

 

健康保険料・・・給料の約5%

厚生年金保険料・・・給料の約9%

合計・・・給料の約14%が天引きされるということになります。

(※私と同じく中小企業に勤める人の前提とした場合です。)

 

 

 

次回は「雇用保険料」について調べたことを綴りたいと思います。

 

 

それでは!

by pelebong