28歳独身男、凡リーマンのリアルな生活

28歳独身男、どこにでもいる平凡なサラリーマンの「給料」「資産」「仕事」「趣味」などをブログに綴ります。

28歳サラリーマンが9年ぶりにセンター試験を受けてみた。

f:id:pelebong:20190120134914j:image

センター試験:全国で始まる 新潟、交通乱れ開始繰り下げ - 毎日新聞

 

こんばんは!pelebongです。

 

平成最後のセンター試験がいよいよ始まりましたね!

受験生の皆さんには最後まで頑張って欲しいです。

 

私も高校3年生、浪人生の時にセンター試験を受けた身なので、この時期になると受験勉強の時のことを今でも思い出します。

 

そんなわけで今日は9年ぶりにセンター試験(英語の筆記、日本史B)を解いてみました。

 

 

私の簡単なスペック

・28歳 男 未婚 実家暮らし。

・出身大学は1浪で「MARCH」「関関同立」クラス。

・9年前のセンター試験結果は、「英語:176点」「日本史:83点」。

TOEIC 850点。(4年前の試験結果)

 

 

センター試験2019の試験結果

・英語:127点

日本史B:44点

f:id:pelebong:20190120143015j:image

 

 

日本史Bはともかく、英語の点数が酷すぎますね。笑

 

 

日本史Bは問題を解いていて、「絶対これで合っている」という問題が片手で数えられるくらいしかなかったので、44点も取れたことに満足しているのですが、

英語は軽くショックでした。笑

 

 

文章の読み込みについては思ったよりも苦ではなかったので、150点くらいは取れたかな?と思いましたが、6点問題や5点問題など点数が高い問題を落としすぎました。

 

 

センター試験の英語ってそういえば最後の方になるにつれて配点が高くなるんですよね〜

 言い訳ではないですがすっかりその傾向も忘れていました。

 

また、個人的には「第3問 A」 の「まとまりをよくするために取り除いた方が良い文が一つある。取り除く文として最も適当なものを、それぞれ一つ選べ」という問題が最も難しかったように思いました。

私が受験生の頃には見たことなかったような問題だと思います。

問題の傾向も9年も経てば変わってくるんですね。

 

 

日本史はともかく英語はこれから仕事で使う機会も出てくるので、定期的に勉強はしていかないといけないなと思いました。

 

 

 

2月、3月まで受験が続く受験生も多いかと思いますので、体調管理に気をつけて最後まで頑張ってください。(^^)

 

それでは!

by pelebong