28歳独身男、凡リーマンのリアルな生活

28歳独身男、どこにでもいる平凡なサラリーマンの「給料」「資産」「仕事」「趣味」などをブログに綴ります。

「営業職」とは「何でも屋」だ。

f:id:pelebong:20181217231013j:image

 

昨日のアクセス数は結局、303でした。

ありがとうございます😊

 

そして今日は昨日の勢いの余波で、今のところ103のアクセスを頂いております。

 

有り難し。

 

 

 

 

昨日は日曜日にもかかわらず、会社の倉庫に出社していましたが、今日も朝から一日倉庫にて作業をしていました。

自分は営業職のため、出荷出来ていない不具合などがあればどこにでも行って、対応をしなければなりません。

「営業職」とは言うものの、言い方を変えれば「何でも屋」です。

 

自分のミスでなくとも、最終的に尻拭いをしなければならない職種が営業職です。

 

 

ただ、営業職は客先と対面で打合せをしたり、仕入先との納期の調整など、色々なことの対応をしなければならない大変さがある反面、仕事の基礎となる経験を得られるメリットがあるので、新卒で経験するにはとても良い経験だと思っています。

 

ただ、そろそろ営業職ではない何かにも手を出してもいいのかな?なんて思ったりもします。

 

 

営業職をやっていては、何もスキルなんか身につかないのでは?会社に使い潰されるのでは?と思うことが最近の悩みですね。。

 

 

明日もまた朝から客先に商品をハンドキャリーをしなければなりません。( ̄∀ ̄)

 

 

はぁ(°_°)

お金を稼ぐって大変ですね。。

 

明日も早いので今日はこの辺で。

 

by pelebong