28歳独身男、凡リーマンのリアルな生活

28歳独身男、どこにでもいる平凡なサラリーマンの「給料」「資産」「仕事」「趣味」などをブログに綴ります。

【準初心者注目!】2回目の台湾旅行記〜2日目〜 台南編

f:id:pelebong:20180909172748j:image

2日目の台南編ということで、高雄から台南へまず移動です。

 

左營駅→台南駅へは新幹線で移動。

移動時間は約30分ほど。

 

 

台南市内観光

 

 

森茂碗粿(シンモワンカ)さんの肉燥飯

f:id:pelebong:20180909175044j:image

森茂碗粿

お世辞抜きに台湾で食べた料理で1番美味しいと言えるくらい美味かったです。

さすがは美食の街、台南。

 

 

 

赤崁楼(せきかんろう)

赤崁楼(せきかんろう)は別名を赤嵌楼、紅毛楼 とも称し、台湾台南市中西区に位置する、オランダ人によって築城された旧跡である。原名は「プロヴィンティア」(Provintia、普羅民遮城)と称し、1653年にオランダ人と漢人の衝突事件である郭懷一事件(1652年)の後に築城された。鄭成功が台湾を占拠すると、プロヴィンティアは東都承天府と改められ、台湾全島の最高行政機関となった。現在は文化部により国定古跡に指定されている。

赤カン楼 - Wikipedia

f:id:pelebong:20180916115015j:image

オランダ文化と台湾文化の混ざった場所という感じ。

 

 

 

神農街(神農老街)

台南といえばここ!神農街ですね。

台南市は台湾で最も歴史のある街とのことで、古い建物も多く残っています。

まさに台南を象徴するかのような場所が、神農街です。

 

古民家をリノベーションした建物でオシャレなカフェや雑貨屋さん、ギャラリーが並んでいます。

f:id:pelebong:20180909180734j:image
f:id:pelebong:20180909180729j:image

 

 

 

林百貨店(ハヤシ百貨店)

ハヤシ百貨店[1](はやしひゃっかてん)は山口県出身の経営者・林方一により1932年12月5日に日本統治時代の台湾台南州台南市末広町2丁目(現・台南市中西区忠義路2段63號)に創立した日本の百貨店。当時は林百貨店又は林デパートとも表記していた。

 

公募により、2013年7月に台南市のファッションビル「フォーカス・スクエア(中国語版)」を運営している高青開発株式会社[1]が同ビルを賃貸することが発表され、8月には修復した内部が期間限定で一般公開された。夜間にはライトアップも行われている。

ハヤシ百貨店 - Wikipedia

台南に足を運んだ際にはぜひ行ってみるといいと思います。お店の中は雑貨やお土産屋さんですが、日本統治時代の建物とあり、内装も木目調がメインで趣が感じられます。

 

 

f:id:pelebong:20180909175711j:image

こちらは林百貨店の最上階にあるカフェスペースで飲んだ謎の炭酸ジュース。

湿布みたいな味でしたね。笑

こちらはあまりオススメしませんが、興味のある人は台南に訪れた際は飲んでみてください。。

 

 

 

台南から台北

f:id:pelebong:20180916115927j:image

台南は1日もあればメインどころは回れます。

ということで新幹線で台北へ戻ります。

まさに弾丸ツアーですね。笑

 

 

 

台北に戻り、夕食へ。

馬辣頂級麻辣鴛鴦火鍋 西門店(MALA HOT POT)

f:id:pelebong:20180929153721j:image

f:id:pelebong:20180916120359j:image

疲れた体に火鍋でガツンとムチをいれます。

ここでは肉や野菜の他にもなんとハーゲンダッツまで食べ放題なんです。

本物かどうかは己の目で確かめてください。。

 

 

 

by pelebong