28歳独身男、凡リーマンのリアルな生活

28歳独身男、どこにでもいる平凡なサラリーマンの「給料」「資産」「仕事」「趣味」などをブログに綴ります。

【浪費家必見!】『お金を整える』で学んだ実践すべき5つのポイント

f:id:pelebong:20180718220221j:image

マネーコンサルタントである市居愛さんの著書『お金を整える』を読んで、今すぐ実践すべき5つのポイントを紹介します。

 

  1. 割引券は持たない
  2. クレジットカードは1枚だけ
  3. 予定と「金額」をセットで書く
  4. 月初に資産額を手帳に記入する
  5. お金を引き出すのは「月2回まで」にする

 

 

1. 割引券は持たない

これは言わずとも理由は分かるかと思います。

 

割引券があると、無条件にそのお店に行ってしまい、ムダな出費が増えてしまうからです。

本来であれば行かなくてすむ店に行って、買う必要のないものを買ってしまう。そのスイッチになるのが割引券です。

これは特をしているようで、大きく損をする行為。割引券はすべて、いますぐに捨てましょう。

引用元:お金を整える(市居 愛 著)

 

まさにその通りかと思います。

一見割引券を使うことは、特をしているかのように思えますが、「割引券を使うことが目的」になってしまう恐れがありますよね。

自分もこれを読んでからは財布にクーポンをしまうのはやめて、すぐに捨てるようにしています。

 

 

2. クレジットカードは1枚だけ 

自分は2枚のクレジットカードを持っていますが、9割は1枚のクレジットカードでやりくりしています。

どのクレジットカードを選択するかは人それぞれに向いているクレジットカードを選択すると良いです。

 

たとえば、

・移動や旅行が多い人

ビューカードANAカード

 

・ネットショッピングが多い人

楽天カードやアマゾンカード

 

・食料品や日用品の買い物が多い人

→イオンカードやセブンカード

 

という具合で選ぶといいと市居さんは仰っています。まさしくその通りかと思います。

 

ちなみに自分は、マルイのエポスカード楽天カードを持っています。

楽天トラベルと楽天ショッピングの支払いのみ楽天カードを使用しますが、9割使用しているのはエポスカードです。

エポスカードではiPhoneAndroid向けにアプリを展開しているので、使用額やポイント残高を常に確認することが出来ます。

また年会費がかからないことも大きな利点です。

 

年間に何百万円も使用するという方には、年会費を払って優待を受ける方が利点が高いという方もいるかもしれませんが、私みたいにせいぜい100万円そこそこくらいしか一年を通して使わないよ!って方には年会費無料のクレジットカードを持つことがいいと思います。

 

別の機会にエポスカードを持つ利点について詳しく説明させて頂ければと思います。

 

 

3. 予定と「金額」をセットで書く

どこに記入をするのかというと「手帳」です。

通常、手帳というのは未来の予定を記入して、それを把握するためのものですよね?

そこに金額も一緒に記入してみましょう。

概算の費用で構いませんので、予定とセットで予算を記入しましょう。

 

たとえば、

8/5  〇〇さんとデート  ¥10,000

8/12-14  沖縄旅行  ¥60,000

8/24  会社の飲み会  ¥4,000

といった感じに。

 

予定と金額をセットで記入する目的は、

「自分がその月にどの程度の出費をするのかを把握するため」です。

ある程度の出費の把握が出来ていれば、予算管理がしやすいですよね!

自分は出費が重なる月は、急な遊びや飲みの誘いにも勇気を持って断るようにしています。

 

 

4. 月初に資産額を手帳に記入する

『お金を整える』では週に一度、日曜日に財布の残額を記入する、と記載されていましたが、

自分は月に一度、月初に資産額を手帳に記入して、資産額を把握するようにしています。

 

たとえば自分の場合では、

SMBC:30万円

新生銀行:8万円

楽天銀行:5万円

SBI証券:150万円

自社株:55万円

といったようにおおよその数字で把握するようにしています。

※金額は実際こんな感じです。笑

 

月初に記入することで、毎月の自分の資産の変動を把握することが出来ます。

これも自分が「先月はしっかり貯金に回せたな」とか「先月は使いすぎたなぁ」など気づくことが出来ます。お金の使い方がルーズだと思う方はぜひ実践してみて欲しいと思います。

 

 

5. お金を引き出すのは「月2回まで」にする

月2回までに制限を設ける理由は、2つあります。

①ATMで余計な手数料を取られないようにするため

②毎月決めた予算でやりくりするため

 

自分は給料日になると、10万円をメインバンクであるSMBCから下ろし、その内の8万円を新生銀行に移しています。残りの2万円は毎月家に入れています。(家に入れる金額の低さについては、ツッコミなしでお願いします。笑)

 

新生銀行はどのコンビニでも24時間年中無休で、引き出し手数料がかかりません。

自分は8万円は毎月自由に使えるお金としているので、8万円は毎月給料が入ると新生銀行に入れています。

そして5万円は毎月、SBI証券住信SBIネット銀行)へ入れています。投資兼貯蓄として5万円は毎月確保するようにしています。

 

余ったお金は翌月以降に持ち越し、旅行など大きな出費の時に使えるようにしています。

 

 

いかがでしたでしょうか?

「そんなこと当たり前だろ」と思った方もいるかもしれませんが、少しでも自分は浪費家だなと感じる部分がある人は、一度『お金を整える』を読んでみましょう。

上記5つのポイントの他にも多くのためになるこど書かれています。

 

 

by pelebong