28歳独身男、凡リーマンのリアルな生活

28歳独身男、どこにでもいる平凡なサラリーマンの「給料」「資産」「仕事」「趣味」などをブログに綴ります。

1週間で行くベトナムの楽しみ方〜ダナン・ホイアン編③〜

f:id:pelebong:20180718000306j:image

【6日目:5/4

いよいよベトナム旅行最終日です。

5/3の夜から滞在した宿を紹介します。

 

コン ティキ ダナン ホステル(Kon-Tiki DaNang Hostel)です。

コン ティキ ダナン ホステル(ダナン)– 2019年 最新料金

5USD/一泊とベトナム旅行の宿で最安でした。

部屋も清潔、アクセスもダナン中心部にあり申し分なしです。

こちらの宿では写真を撮り忘れましたが、おしゃれなゲストハウスでした。ここでも自転車を借りることが出来るので市内の移動も問題なし。

f:id:pelebong:20180717234533j:image

こちらの噴水?の近くにこのゲストハウスはありました。

 

 

ダナンの締めはやっぱりお土産屋さん

旅行の締めといえばやはりお土産屋さんですよね。

DanangSouvenirs&Cafeに行きました。

いつも海外旅行に行く時に必ず買うマグネット、ベトナムコーヒー、ホットティーの茶葉、チョコレートを買いました。価格は外国人観光者向けなのか、少々高い気がしましたが綺麗なお店なので良しとしましょう!日本人のお客さんが多いのか、ブルゾンちえみのネタでおなじみのdirty workがBGMで流れていました。笑

ちなみに一定の金額を購入すると併設されているカフェでドリンクを1杯サービスして頂けます。

ダナン市最大のお土産屋さん、Danang Souvenirs

 

 

いよいよ帰りの飛行機へ

【帰りの飛行機】

航空会社:ジェットスター・パシフィック

5/4 16:30 ダナン国際空港

5/4 19:20 香港国際空港

 

航空会社:ジェットスター・ジャパン

5/5 2:00 香港国際空港

5/5 7/20 成田国際空港

 

帰りもなかなかハードなスケジュールです。笑

特に香港国際空港では一度イミグレーションを通過する必要もあり、時間を潰すのがしんどかったです。。笑

これも時間をとるか、お金をとるかの差なので仕方ないことです。

ただし、ポジティブな考え方をすると帰りに香港の文化も楽しめるという利点があります。

香港風ラーメンを食べることが出来ましたし、体力的に余裕のある方は一度空港の外に出て少しでも香港の街を楽しむことだって可能かと思います。そういうポジティブな考え方は非常に大切ではないかと思います。

 

 

今回の旅の目的のおさらい

→タイやフィリピンなど他の東南アジアにも行ったことがありますが、都会過ぎず田舎過ぎずバランスのとれた国だという印象を持ちました。

 

→達成しました。ミニ三脚を持っていったのが正解でした。ぜひホイアンを訪れる際はiPhoneだけとは言わずに一眼レフを持っていかれることをオススメします。

 

ホーチミン1箇所(2泊)、アンバン1箇所、ホイアン1箇所、ダナン1箇所の合計4箇所のゲストハウスに泊まることが出来ました。将来自分のゲストハウスを経営したいという夢があるのでゲストハウスのそれぞれの特徴をいつか参考に出来ればいいなと思います。

 

→正直ベトナム料理はなめてましたね〜。日本のベトナム料理屋さんの方が美味しいのでは?と高を括っていた自分がいましたが、ベトナムベトナム料理屋さんの方が圧倒的に美味しいです。特にダナン・ホイアンのフォーは自分好みの味に仕上がっていて気に入りましたね〜

 

  • 新たな出会いを求めるため

→こちらも前回のブログでお伝えしたようにティンダーというマッチングアプリを使用して達成出来ました。笑

欲を言えば現地で日本人と友達になり、日本でもたまに飲みにいけるような出会いがあると嬉しかったなと思います。。

 

 

なんにせよスリなど海外旅行にはトラブルが付き物ですがそういったことには合わず、無事に日本に帰ってこれたことが一番です。

GWに行った旅行を思い出すかたちでブログを更新しましたので、少々端折り気味で情報が伝わりにくい部分もあったかと思います。

これからも国内・海外を問わず旅行に行く機会は多いので自分なりの情報を発信していければいいなと思います。

 

ちなみにお盆は台湾に行く予定(2回目の訪問)なので、そちらの情報も流していければと思います。

 

 

by pelebong