28歳独身男、凡リーマンのリアルな生活

28歳独身男、どこにでもいる平凡なサラリーマンの「給料」「資産」「仕事」「趣味」などをブログに綴ります。

1週間で行くベトナムの楽しみ方〜ダナン・ホイアン編〜

 

【3日目:5/1】

f:id:pelebong:20180712082657j:image

3日目は朝からダナンへ向けて移動です。

写真はホーチミン最後の食事、タンソンニャット国際空港で食べたフォーです。安定の美味しさでした。

 

航空会社:ベトジェットエア

5/1 7:40 タンソンニャット国際空港発(ホーチミン

5/1 8:55 ダナン国際空港

 

 

ダナン国際空港に到着し、そこから市内中心地へと乗合バスで移動します。

ダナンはリゾート都市とは聞いていましたが、想像よりもはるかに綺麗な街でした。

 

 

ダナンのカフェでとりあえずマンゴースムージーを飲む。

海沿いの爽やかなカフェでした。

名前は忘れました…。笑

f:id:pelebong:20180712082053j:image
f:id:pelebong:20180712071412j:image

 

 

f:id:pelebong:20180715234247j:image

ダナン大聖堂

パステルピンクが鮮やかな、フランス統治時代にダナンで唯一建設されたカトリック教会です。

 

 

ダナンからホイアン

ダナンにつきましたが、早速ホイアンへと移動します。笑

今回の旅のメインの場所です。

 

ホイアンとは言ったものの、初日はホイアンからチャリンコで30分くらい離れたところにあるAn Bang Beach沿いのゲストハウスに泊まりました。

f:id:pelebong:20180712203627j:image
f:id:pelebong:20180712203631j:image

アンダー ザ ココナッツ ツリー ホイアン ホームステイの宿泊予約・料金比較【フォートラベル】|Under The Coconut Tree Hoi An Homestay|ホイアン

自分以外の宿泊客は全員欧米人でした。

欧米人は比較的マイナーで良い場所を好むとよく聞きますが、ほんとにここはオススメです。

ぶっちゃけベトナム旅行のハイライトはここだと思いました。

宿から歩いて30秒ほどのところにビーチがあるのですが、とても綺麗で静かで穏やかでした。

日が沈んだ後くらいにビーチを覗いてみたのですが、まさに息を飲むという感じでした。

f:id:pelebong:20180712204040j:image

 

景色を見て初めてため息が出ましたね〜

映画「ショーシャンクの空に」で主人公が脱獄した時のような感じですかね。笑

 

 

f:id:pelebong:20180712204540j:image

こちらはアンバンビーチ沿いでの夕飯です。

ここでもやっぱりチャーハンとフォーです。

ホーチミンで食べたフォーと違い、もやしなどの野菜が少なめで麺は固めでした。こっちの地域の方が自分は好きですね〜!

味付けも日本人の味覚に合うような感じがします。

 

 

【4日目:5/2】

f:id:pelebong:20180712210020j:image
f:id:pelebong:20180712210024j:image

ベトナム風カレーとマンゴースムージー

3日目の夜と同じ店に行きました。

たしか名前はmama’s kitchenという名前だけあって、家庭的なメニューが豊富でした。

日本人に合う味で美味です。

 

朝食を食べ、いざビーチへ。

瓶コーラ片手にひたすら海を眺めながら、ぼーっとしてました。

日頃のストレスを忘れられます。。

f:id:pelebong:20180712210256j:image

 

 

気がつけば小腹が空いたきたので、屋台飯。

f:id:pelebong:20180712210329j:image
f:id:pelebong:20180712210324j:image

お好み焼き煎餅って感じな味と食感でした。

たしか50円くらいだったと思います。安くて美味しい!

 

 

リフレッシュ出来たところで、ようやくベトナム旅行のメインプレイス「ホイアン」へ移動です。

 

 

ホイアン

f:id:pelebong:20180713081926j:image

ホイアンベトナム語: Hội An / 會安・英: Hoi An)とは、ベトナム中部クアンナム省の都市であり、ダナン市の南方30キロ、トゥボン川の河口に位置する古い港町である。人口121,716人。ヨーロッパ人にはファイフォ 、フェイフォ(Faifo) と呼ばれたこともある[1]。中国人街を中心に古い建築が残り、1999年(平成11年)に「ホイアンの古い町並み」としてユネスコ世界文化遺産に登録されている。

ホイアン - Wikipedia

 

まずは宿へ移動です。

グリーン ティー ホームステイ (Green Tea Homestay)|クチコミあり - ホイアン

グリーンティーホームステイという西洋の雰囲気を醸し出している宿です。

ドミトリーばがり泊まっていたので、今回に限り1人部屋を選択しました。

f:id:pelebong:20180713082512j:image
f:id:pelebong:20180713082458j:image

 

ゲストハウスでチャリンコを借りて、ホイアンの歴史地区へ向かいます。

昼間はこんな感じです。

f:id:pelebong:20180713082811j:image

 

Japanese bridge(来遠橋or日本橋

今から400年以上前の江戸時代が始まろうとしている頃に建てられました。

当時は朱印船貿易というのが盛んで、その時に日本人が建設したと言われているようです。

同じ日本人として誇らしいですね。


f:id:pelebong:20180713082928j:image

夜はライトアップされていていい感じです。

f:id:pelebong:20180713083442j:image

 

 

f:id:pelebong:20180715234635j:image
f:id:pelebong:20180716024736j:image

ホイアンロースタリー

→本格的なベトナムコーヒーを楽しめるカフェです。内装もとてもお洒落。ホイアンに来たら休憩がてらにぜひ寄るべきポイントの一つです。ホイアン市内に3店舗展開されているようです。

Hoi An Roastery(ホイアン・ロースタリー)カフェで自家焙煎コーヒーを堪能しよう - ダナン観光案内所ダナン観光案内所

 


f:id:pelebong:20180716024639j:image

こちらはホイアンロースタリーの2階テラス席から撮影したホイアンの街並み。

 

その他、ホイアンの夜景写真。

今回の旅のメインプレイスであるホイアンですが、本当にきれいな街並みでした。

f:id:pelebong:20180716024931j:image
f:id:pelebong:20180716024935j:image

f:id:pelebong:20180716025026j:image

 

最終章へ続く…。

 

by pelebong